截圖 2022-10-27 上午10.51.09.png

“Barbarian: Katalog von t-shirt” 《芭芭瑞恩:T恤目錄》(2022)

38 pages

10.5x19.0cm

 

在口香糖溫(wen gum gum)的《芭芭瑞恩:T恤目錄》中,集結街上攝影、撿拾地上或網路的雜碎,與她設計的T恤圖案穿插並置。起初是亞馬遜購物網站的欲望與距離給予她巨大的啟發,滾動著螢幕中光滑、色澤動人的人造潔牙骨時,那濫情卻永遠無法企及的迂迴情感凝結在一個平面裡,使她開始用類似的邏輯開始製造、合成圖像。 「既暴力又精緻」是有人對這本手製書的評價。

 

這本目錄中總共收錄了15個T恤圖案(2015-2022),和1個摔爛的西瓜,需要讀者以敏銳的目光,看見圖像之間的趣味對話。2021年起,口香糖溫的個展及聯展陸續在臺北及日本等地展開。

《ババレオン:Tシャツカタログ》(2022)
ガムオン(wen gum gum, 1994-)の《ババレオン:Tシャツカタログ》の中に、街で出会った奇跡な一瞬や、残されたクズ達、ネットで拾ったゴミなど色々な無名物と彼女自身デザインしたtシャツをまじあわせて編集したzineです。

最初のきっかけはAmazonで買い物の欲と現実、非現実の距離感を感じた瞬間です。モニンターの中にすべすべで綺麗なチューイングボーンを見た時、彼女がこのチューイングボーンを目指し始めた。似たような考え方で作りはじめた。ある人からこのzineに関した一言<乱暴な一歩精緻的>。

このカタログは計15デザイン(2015-2022)を掲載し、一つ割れたスイカ(観察力が必要)も編集された。読者の目でこのビジュアルの並びは一体どういう会話してるのをぜひ楽しんで欲しいです。
2021年からガムオン(wen gum gum)個展と共同展も続々と台北と日本など開催されてます。

 
 
截圖 2022-10-27 上午10.51.16.png

“song book: Crabenhagen” 《歌本蟹根》 (2022)

38 pages

10.5x10.7cm

 

在口香糖溫的《歌本蟹根》中,收錄了19首她推薦的歌曲,播放這些歌時她會特別容易流露笑容及淚水,因而集結成一本帶刺的視覺之書與讀者分享。曾有人如此評價過口香糖溫在Spotify的歌單:

「我在哭泣、嚎啕大哭,在這個溫柔甜蜜的世界裡感到如此孤獨」

「你讓我不那麼寂寞,同時也更孤獨」

「你的氣息讓我想大敲自己的腳三次,並和想像中的男(神)友摟抱」「切掉那首佛歌!」

《歌本カニ根》(2022)

ガムオン(wen gum gum)の《歌本カニ根》の中に19曲彼女のオススメを編集された。この曲たちを流した度、彼女がいつも笑ったり、泣いちゃったりしてた。なので、この曲たちを全部皆に紹介しようと思ってて今回棘があるビジュアルを作ったzineを読者の皆様に紹介しようと思ってます。


以前も読者からこういうふうに言われたことがあります….ガムオン(wen gum gum)のSpotifyのリスト中に、「私が泣いてる、大声で泣き叫んでる,この温かくて愛を溢れてる世の中、唯々孤独を感じる」「あなたのおかけで私は寂しく無くなる,同時に孤独を感じる」,「あなたの気配のせいで自分の足を三回くらい殴りたい、そして、彼氏と抱き締めてるのことを想像し始める」「その仏教賛歌を切ってくれ」。

 
Depressed Cart (2022) .png

"Depressed Cart" 《沮喪購物車》(2022)

34 pages

12.5x20cm

這本書濃縮了口香糖溫的一年。她走過了柏林、香港、台灣和德國南部,但只專注於撿拾地上印有文字的垃圾,gum gum將零碎的筆記集合成一本有敘述的攝影小書,並可以從左到右大致方向閱讀 ,也可以每個人自己獨特的圖像邏輯去閱讀。它基本上是一本書:撿垃圾的共享集合,人們可以在其中感受到她對政治的想法。

《悲しいショッピングカート》(2022)

ガムオン(wen gum gum)の一年間は全部このzineにあります。彼女はベルリンから、台湾、香港、ドイツの南まで色々旅した。この旅の日々、彼女は只々街に捨てられたコミに印刷された文字を興味を持っていた。
彼女は集まったゴミ達と撮った街の一部を編修してこのzストーリがあるineを作りました。左から右まで読んで頂くとだいたいわかると思うけど、自由に読んでいただいても構わなく、ご自由にどうぞ。このzineは基本的にゴミ拾いのシェアと皆様が彼女の政治観を感じることです。

"Depressed Cart”(2022) condensed wen gum gum's one year. She traveled through Berlin, Hong Kong, Taiwan and southern Germany but only focused on picking up garbage with printed words on the ground, gum gum combined her fragmented notes into the photographic book with descriptions which can be read in a general direction from left to right, or can be read through each ones' unique logic.

It's basically a book: a sharing collection of picking up garbage, in which people can feel her thoughts on politics.

 
 
 
截圖 2022-11-08 下午12.54.26.png

"Duckcrow Hypermarket" 《金金大型超市》(2018)

8 pages

25x17.6cm

「Duckcrow Hypermarket 是一個型錄的戲仿,該型錄以色彩豐富且荒謬的數位拼貼影射臺灣政治。 Duckcrow 通過挪用改造圖像和創造虛構產品,如『竹圍良犬T 恤』和『靈魂伴侶性玩具』,通過視覺和商業手段評論媒體如何操縱公共意識形態並傳遞信息。 臺灣總統蔡英文和馬英九穿著 Duckcrow 的商品,Snapchat 濾鏡爲他們裝上了狗耳朵和鼻子; 『他們看起來很開心,像狗一樣!』這樣一頁上的文字驚呼道。 具有諷刺意味的口號『即將為同性戀臺灣開放』和『為悲傷的臺灣人提供特價』,取笑消費主義語言,並揭示受其影響的文化。」

書評自Printed Matter, Inc.

"Duckcrow Hypermarket is a parody of a catalogue that skewers Taiwanese politics with colorful and absurd digital collage. By altering appropriated imagery and creating fictional products such as the “Good Dog Collection” T-Shirt and the “Soulmate” sex toy, Duckcrow comments on “how the media manipulates public ideology and transmits messages” through visual and commercial means. Taiwanese leaders Tsai Ing-wen and Ma Ying-jeou are depicted wearing Duckcrow merchandise, with Snapchat filters giving them dog ears and noses; “They look so happy, like dogs!” the text on one such page exclaims. Ironic slogans (“Soon Open in Gay Taiwan” and “Special Price for Sad Taiwanese”) poke fun at consumerist language as well as sheds light on the culture affected by it."

 

commented by Printed Matter, Inc.